« お試しACARS | トップページ | サザエですの »

那覇空港で中華航空機炎上!

20日午前10時34分ごろ、那覇市の那覇空港駐機場で、台北発那覇行きの台湾・中華航空120便(ボーイング737―800型機)の主翼エンジン付近から出火、機体が炎上した。那覇市消防本部が消火に当たり、約1時間後に鎮火した。国土交通省によると、日本人23人を含む乗客157人、乗員8人は全員、脱出してけが人はなかった。同省航空・鉄道事故調査委員会は同日、調査官4人を現地に派遣した。(朝日新聞)

ソース:http://www.asahi.com/national/update/0820/TKY200708200062.html

いやー怖いですね。ただ、火が出たのがスポットイン後という事もあってか、乗客・乗員も速やかに避難出来たみたいで、大事にならず、本当に良かったです。正に不幸中の幸いってやつですね。

ただ、飛行中は全く問題は無かったみたいなんで、原因は???ですね。

|

« お試しACARS | トップページ | サザエですの »

航空関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/441089/7608029

この記事へのトラックバック一覧です: 那覇空港で中華航空機炎上!:

» 中華航空機炎上 機内は…? 乗務員避難誘導せず【画像】 [中華航空機炎上 機内では一体何が…? 乗務員は避難誘導せず【画像】]
 観光にビジネスに、沖縄を訪れた160余の人たちが一度に命を落としかねない惨事となった20日の中華航空機の爆発・炎上事故。乗客たちは、うっすらと上がった煙がまたたく間に炎となって機体を包む一部始終を目の当たりにした。機内で一人が「何かがおかしい」と感じてからわずか数分。「間一髪」に何があったのか。 [画像]  ■「タイヤの煙」と取り合わず  出発から約1時間たった午前10時27分。乗客と乗員計165人が乗った中華航空120便は、ごくふつうに那覇空港に着陸、駐機場に向かい始めていた...... [続きを読む]

受信: 2007年8月21日 (火) 16時42分

« お試しACARS | トップページ | サザエですの »